銀座総合特許事務所

お気軽にお問い合わせください0486586446平日9-17時

特許・実用新案

目に見えないアイデア=発明を保護するため、特許・実用新案の制度があります。

特許出願について

新規な発明について出願することにより、一定の条件の下に特許権が付与されます。
出願後に審査請求を行うことによって特許庁による実体審査が行われ、特許の可否が判断されます。

特許出願までの流れ

実用新案登録出願について

実用新案登録出願は、考案の内容について審査する実体審査が行われないため、基礎的要件及び方式に不備がなければ出願後約1年程度で登録されます。
ただし、権利行使をする場合には、相当の注意を要するとともに、実用新案技術評価書の提示が必要となるなど、権利者側の責任や負担が大きくなります。

実用新案登録出願までの流れ